トロフィーの大きさで良かったサイズは?

大きいサイズのトロフィーが良かったケース

トロフィーの大きさを選ぶ場合には、ただ大きければそれで良いという事は無く、適切な大きさの物を選ぶ必要があります。社内でよい成績を残した社員を表彰する場合と全国レベルで活躍した社員を表彰する時に使うトロフィーは大きさや形も違ったものになるのが一般的です。 大きいトロフィーを選ぶべき場合は、対象者が全国レベルで大きな功績を残した場合が良いと言えます。例えば会社内では会社に大きな利益をもたらした従業員に対して大きめのトロフィーを授与することによって本人のモチベーションが大きく上がるだけでなく、他の社員からも「次は自分があのトロフィーをもらう番だ」と意気込みを見せる場合もあります。大きいトロフィーはそれだけ人の心を動かす力があるのです。

小さいトロフィーを利用する事が有効な場合とは

トロフィーを贈る場合には大きいものだから良いというわけではありません。小さいトロフィーであっても自分の努力を認めてもらったという意味で貰って嬉しいプレゼントとなるのです。例えば、月間の成績が良かった営業マンに対して毎月トロフィーを贈り、それが一定数溜まると大きいトロフィーに交換して貰う事の出来るような仕組みを作る事によってゲーム感覚で社員のモチベーションをアップする事が出来るようになります。 営業成績を上げる事が営業マンとしてはとても重要な事ですので、周りの社員と競わせるためには小さなトロフィーのをいくつ集めたかを働き甲斐とする事も良い方法と言えます。小さいトロフィーであっても机の上にいくつも置くことが出来ますので、職場が華やかになります。