持ち運びがしやすい、トロフィーの大きさ

重さと質感も重要です

もらって嬉しいトロフィーとはどのようなものでしょうか。カラフルで荘厳さと迫力をもったトロフィーはやはり見ていてすごいなと思います。ただあまりにも巨大なトロフィーをもらった時、嬉しいという感情とともに家の中の置き場所を必死に頭の中で探したりした経験はないでしょうか。勝者の証であるトロフィーですが、持って帰ろうとするには重すぎて1人では運べない、家に飾ろうにもこんな巨大なものを置くスペースがないなどトロフィーも大きければ良いというわけではなさそうです。せっかく勝ち取ったものですから、ずっと飾っておきたいものです。 私の理想の大きさとしては、2リットルのペットボトルくらいが一番良いかと思います。部屋の中で置き場所を変えるのも楽ですし、そこまで場所も埋まらない。それくらいがベストではないでしょうか。

大きすぎて持ち帰られないのも困ります

トロフィーと言えば、学校の体育祭やイベントの優勝者に与えられる勝者の証であり、もらってとても嬉しいものです。私も小学校から高校まで学校行事や部活の大会などで優秀な成績を残した時にもらった経験があります。私が中学校の陸上の大会でとても驚いたことがありました。それは、あまりにも大きすぎるトロフィーでした。当時身長も低かった私の胸くらいまでの高さでそれなりの重さもありました。もちろん当時の私はその巨大なトロフィーをもらって大喜びでしたが、母と2人で必死で家まで持ち帰ったことを覚えています。 やはりトロフィーは家に飾って楽しむのが一番ですし、置き場所にこだわらない、簡単に持ち運べる、しかし、それほど安っぽく見えないような作りのものがいいと思います。私は、2リットルのペットボトルくらいのサイズが一番理想的であると思います。せっかくもらったトロフィーですから、大切に置いておきたいものです。