貰って嬉しいトロフィーの大きさはどの位?

トロフィーは大きくてもダメ?

学生時代の体育祭や文化祭で優勝者に与えられるトロフィーですが、トロフィーをもらった人はそのトロフィーをどうしているのでしょうか?やはり、1番多いのは家に飾ることです。自宅にゲストがいらっしゃった時にトロフィーを見せて自慢することができます。しかし、トロフィーもらった人でもそのトロフィーがぞ大きくておく場所がなければ捨ててしまいます。非常にもったいないですが、大きすぎておく場所がないというのなら仕方がありません。 トロフィーは、他人に自分の威厳を見せつけるものですが、同時に自分の優秀さの証明でもあります。やはり保存も容易な大きさにするべきです。ずっと置いていても邪魔にならない程度の大きさが1番適しています。

トロフィーは小さすぎてもダメ?

学生時代の体育祭や文化祭の優勝者にトロフィーが授与されます。しまいやすいように、トロフィーの大きさを小さくしてしまった方が良いという人もいます。しかし、トロフィーとは本来、優秀さの証明と、自分の力の誇示に使われるべきです。自分の力の故事に小さいトロフィーではものたりません。ほどほどの大きさがやはり1番もらうと嬉しい大きさでしょう。むしろ少し大きい方が、自分はすごいんだと思えてよろしいのではないでしょうか? トロフィーをもらって嬉しい大きさは、年齢によって変わるのではないか?という考えもあります。確かに小学生の子が大人と同じ大きさのトロフィーをもらうというのは一見大きすぎのように見えます。しかし小学生でもある程度大きいものの方が達成感があって嬉しいものです。