トロフィーの大きさで気をつける点は?

順位に応じたトロフィーの大きさの選択

競技大会などのイベントでは、記念品としてトロフィーを用意する事が多いです。トロフィーは、大会のフィナーレを飾るアイテムとして、魅力的でしょう。しかし、大会準備としてその手配を行うのであれば、気をつけておかなければならない事があります。トロフィーの大きさもまた注意しておくべき要素です。 トロフィーの大きさで気をつけておくべき点は、順位によって大きさの序列を作るということです。順位と大きさが比例していないと、見る人に違和感を与えてしまうかもしれません。一番成績が良かった人には、大きなトロフィーがふさわしいです。そうして、段階的にトロフィーの大きさを選んでいけば、問題なくイベントのフィナーレを飾るのに適しています。

大きいだけがトロフィーの価値ではない

トロフィーは、大切な記念にする事ができる存在です。しかし受け取った人にとって、その保管場所には困るような事がよくあります。中には特大サイズのトロフィーも存在します。しかしそのようなものをもらっても、飾るスペースがなければ片付ける他ありません。目立つ大きなトロフィーが、必ずしもベストであるとは限らないでしょう。適度な大きさを選べば、受け取った人の負担にはなりません。 大きさの代わりに、ディテールにクオリティを求めるというのも考え方の一つです。大きさは多少小さくとも、細工が細かい手の込んだトロフィーであれば、それを受け取った人に価値を感じてもらうことができるでしょう。大きさだけが、トロフィーの価値を決めるものではありません。